中国への行き方


短期の観光ではビザは不要です。

軍事施設や共産党関係の建物等は写真撮影に気を付けてください。

飛行機は日本各地から中国各所へ飛んでおり、LCCも多く飛んでいます。

中国ではタクシーも乗車拒否されることも多いですが、最近では滴滴出行という携帯アプリでタクシーを呼ぶこともできます。

可能であれば車のチャーターが一番よいです。

中国本土使える香港のSIMを日本で事前に購入していくと、日本と同じようにグーグルやフェイスブック等が利用できます。

高速鉄道、地下鉄も発達しており混雑を覚悟の上であれば公共交通機関も便利です。

ただし、車の運転は非常に荒く危険です。横断歩道の歩行であっても相当な注意が必要です。

治安も悪いと感じたことはないですが、国内とは違い夜間の外出等には注意しましょう。

満州国建国、支那事変以降にした地域も沿岸部を中心に多く、博物館等の展示も中国目線ですが歴史を学ぶことができます。

ただし、日本語での会話は極力控えましょう。

満州国を中心に建築が非常に美しく、建築が好きな方にもおすすめです。

満州方面のツアーは戦跡めぐりのツアーも多いようですので、旅行会社のツアーでまずはいってみるのもよいかもしれません。

北京1

大連

旅順

瀋陽市内(奉天)

瀋陽郊外(奉天)

長春(新京)

#中国

You Might Also Like:
    ​日本戦跡協会
    P2140646
    P7060696
    P7060523
    P2140765
    IMG_20170526_144907295_HDR
    13305204_1371478169532927_2592192733758966626_o

    ​日本国内、海外の戦跡を紹介してまいります。

    旅行における斡旋や紹介、ガイド等は行っていません。

    また、情報は古い場合がありますのでご了承ください。

    ​一切の責任は負いかねますので、自己の責任で訪問をお願いします。

    Search by Tags

    © 2019 日本戦跡協会